· 

おじさん。微笑む。

 海も穏やかな、日曜日の午前10時。宅急便の営業所へ車を走らせ荷物を届け終えたその帰り道。ふと前方から、ぽってり小太りのおじさんが歩いてくるのがみえた。そのおじさん、何やらにこにこと穏やかな笑み浮かべて、てくてく歩いている。なんだかその笑みに、私はしみじみとしてしまった。で、なんだかとっても『それでいいんじゃないの?』って気持ちになった。

 そのおじさんが、なぜ楽しそうに笑っていたのか、実際のところは分からない。もともとの顔立ちかも知れないし(それって素敵)、そういう習性なのかもしれない。朝ごはんのお米が美味しかったからご機嫌だったのかも?しれないし、『天気がいいなあ。』って思ってたのかもしれない。散歩の途中だったのであれば、春の花見上げて『春だねえ…。』みたいな。いやいや、そうじゃなくて、逆に、めちゃくちゃ嫌なことがあって怒りを押し殺し、無理やり口角上げて耐えてたのかもしれないし、エロいこと考えてニヤついてただけかもしれない(おじさん、ごめんなさい)。

 おじさんの、菩薩のような微笑みの真相は永遠に闇の中なんだけど、そのおじさんをみて、私は凄く羨ましくなった。つまり、私も人目を気にし過ぎないで、にこにこ笑っていたい。おじさんみたいに、と。

 おじさん、あなたは師匠です(今日から暫くだけど)。私はどうも人目を気にし過ぎます。妙に自意識過剰なところがあって、それが結構足かせです。おじさんみたいに笑いたい時に笑う。そんな感じで道を歩きます。

 おじさんは果たして、善人か悪人か。浮気ばっかりして奥さん泣かせた駄目オヤジかもしれないし(おじさん、本当にごめんなさい。)。これもまた、真相は永遠に闇の中なんだけど。

 でもなあ…あのおじさん、誰かに似てるんだよなあ…。車を走らせながら、ぼうっと考えていると、あるビジュアルが頭に浮かんだ。そうだ。あれだ、あの人だ。「薔薇の名前(映画)」の登場人物の、多分、大きな壺に頭から逆さに突っ込まれて殺されてた修道士だ(おじさん、重ねて本当にごめんなさい。)。てっぷりふくよかな修道士。いや、まて。あの修道士の人相はとっても悪かった。あの柔和なお顔とは程遠いな。多分体のフォルムが似ていたんだな。うん。…。あれ…?あっ、そういえば、高校生の頃によく行ってたドラッグストアのレジにいた若い男の店員さん。あの人はオスカーワイルドにそっくりだったし(めちゃくちゃ似ていました。)、社会人になりたての頃によく通っていた、小さな美術館の脇にある、紅茶の美味しい喫茶店のオーナーさんはサラ・マクラクランにそっくりだった。

 本人に伝えたことはないけれど(当たり前か…。)、「今日もオスカーワイルド、そっくりだったわ…。ふふふ…。」店を出た後、ひとりほくそ笑むのが私の習慣だった。…。あれ?そうだった。私、ひとりでほくそ笑んでたわ…。

 今日も文章行ったり来たり。まあ、いっか。

 

 

 

🌹オスカー・ワイルド「獄中記」より・・・しかし人生においても芸術においても、その究極の典型となるものは悲哀である。