· 

紫の花

たくさん たくさん 泣いた日に

夕方散歩へいきました

 

川辺の花の紫の

一つ一つが可愛くて

 

そのひとひらの花びらが

日々の営みにみえました

 

昔々のとある日に

ご先祖様もひょっとして

 

人の涙を流しては

人の弱さを感じたの

 

その空のような繋がりに

わたしは温もり感じます

 

ああ、この日この時に見た花の

淡い紫の哀しさよ

 

こんなわたしもいつの日か

この世の過去になれるのか

 

ああ、この日この時に吹く風よ

愚かな女をなぎ倒せ

 

ああ、あの曇り雲のように

この世とひとつにしてください