Canal Saint-Martin

 

 

寂れた裏路地の小さな階段

十二月の冷たく乾いた空気に

ほんの少し肩をすくめた

 

此処にいる自分を誰も知らず

こんなにも私は自由で

こんなにも嘘で

こんなにも苦しい

 

私はただ、若さを抱きしめ

幼さと愚かさを

その言葉以上に感じているはずだった

 

パリ十区

灰色の運河さえ私を映さない

 

私は未だ

言葉さえ

知らないから

 

 

 

ANNE