1978

 

逃亡者だから

 

僕たちは

 

未だ夢を見ている