神保町

 

 

 

僕はいつも、言葉と言葉の挟間にいる

 

時に、身から出た其れ

 

犯され、翻弄され

 

惨たらしい再期さえ創造できず

 

生温い遊戯にも陶酔せずに

 

 

 

言葉の奥に何時もある

 

危険な振動に

 

身も心も捧げたい

 

 

 

だから僕は言葉と言葉の狭間に

震えている

 

 

 珠夢