物音ひとつしない朝

 柔らかな陽だまりの中に押し寄せる

 ゆったりとした恐怖は

 

生ですか、死ですか

 

君の声が聴こえやしないかと

 沈黙の部屋の隅々まで

 耳を澄ませてみる

 

すると、僕は

 

もう一度、沈黙を知り

口の中にへばりつく

 忌々しい生を

 まじまじと味わうのです

 

そして、僕は

 

この苦みが、ただ一つ

 僕だけの生だと

 ぼんやりと、ただ、ぼんやりと

 

思ってしまうのです