炎のように

     


 

   

  

   

    「可憐でしょ。」って

      

     君が渡してくれたから

  

             この花の名は

 

           「カレン」

       

 

                 

 

 


美しい薔薇の花をくれたからって

       君に恋はしない

 

                 一瞬の瞳を交わし合ったからって

                           君に恋はしない

 

                 もろく儚い夢を語り合ったからって

                            もう、君に恋なんてしない

 

                 不実な時間を重ねれば

                            苦しくて

 

                 だから心に壁をつくって

                            最後の扉に固く鍵をかけるの

 

                君に恋はしない

 

        君に恋はしない

 

        君は私の心の鍵さえも  

                知らない

 


 

 

 

 

 

         みかんの花咲く丘 

 

   その香りの甘さは

 

   愛おしくて

 

   苦しい

 

 


 

 

 

 

 

  緑の館の小さな庭の

  

  一人 一輪


 

 

 

 

 

 午後の風

 

 密やかに

 

 高原の妖精は

 

 光へと 

 

 微笑んでいる

 

 

 

 

 

 

 


 

 

                       この花弁の

     一枚は

     君が生まれた

     瞬間の

     一枚

 

     もう一枚の花弁の

     その一枚は

     あなたが生まれた

     瞬間の

     一枚

 

     そんな風に

     朽ちるから

      

     薔薇は 

      

     美しい


   

 

 

    

     青い空

     咲く桜

    


 

 

 

 

 

   お疲れ様 と 君がいう

 

   君もね って 私がいう

 

   そんなふうに

 

   鈴が 揺れるみたいに

 

   ここにいる


 

 

 

 

 

 

Noël modeste...


 

 

 

 

 

 

 

朽ちゆく薔薇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        Campanula